婚約指輪のお返しはするもの?

お互いに交換する結婚指輪に対し、婚約指輪は男性から女性に贈られるものです。婚約指輪を受け取った女性は、何かしらのお返しの品を用意するのがマナーとされています。男性にお返しをする品については、これといって決まりがないので、どれくらいの予算で、どのようなものを準備すればよいのか悩んでしまうところです。

結納を行う予定はないんだけど…

676815eeb18c9bba10e237f05900c96e_s

婚約指輪は、プロポーズの場であったり、一緒に選びに行ったり、2人の間でのやりとりが多いものです。ですが婚約指輪は結婚の約束の品、結納記念品の一部として考えられます。結納に半返しのマナーがあるように、婚約指輪に対しても、半額程度を目安にお返しの品を贈るのが一般的です。

現在では、結納を行うカップルは少なくなりましたが、両家がこれから親族となることをふまえても、高価な婚約指輪をもらった感謝の気持ちを、お返しという形で表すとよいでしょう。結納があればその席で、なければ食事会などの場で渡してもいいですね。

現在もお返しとして人気の時計

maxresdefault

婚約指輪のお返しの品で定番なのは、腕時計です。仕事やプライベートに合わせ、洋服を着替えることがあっても、時計ならいつも身につけていられますし、長く使えるという点でもおすすめです。
指輪と違ってサイズの心配はいりませんが、婚約指輪の半額でのお返しとなると少し高価な時計となるので、彼と一緒にブランドやデザインを選んだ方が無難かもしれません。定番すぎるという理由で迷われるなら、時計にイニシャルやメッセージなどの刻印を入れてもらえば、特別なものになります。

何着あっても困らないならスーツを

business-suit-690048_1280

こちらもお返しとして定番ですが、彼がスーツを着用して仕事をしているなら、スーツは必需品ですし予算によって、いつもより少しいいブランドを選んだり、ネクタイや靴と合わせて贈ったりも出来ますね。
また、彼の仕事がスーツを必要としない場合、かえって彼はあらたまったスーツをそう多く持っていないかもしれません。家庭を持ち親戚づきあいが広がれば、フォーマルスーツが必要なシーンも増えてきます。これを機会に、フォーマルな場に似合う一着をオーダーメイドで作るという選択もあります。

実用的な電化製品や趣味のものを求む人も

photographer-410326_1280

婚約指輪のお返しに同じ予算を使うならば、一番は彼の希望するものを贈りたいのもです。最近は、デジタルカメラやパソコンなど趣味のものを希望する人も多くいます。ファッションよりもデジタル製品に関心が深い彼には、それも良いですね。ただ、電化製品は実用的ではあっても、いずれ買い替え時がやってきます。婚約の記念の品ですから、手離す時のことを想定するのは残念ですね。予算が余ったら、長く使える小物などを一緒に贈ることをおすすめします。小物とは例えば財布、ネクタイピン、カフスボタンなどが人気です。

お返しは不要と言われたら?

bc5947b79c4aabcce2cd3e1999703c59_m

婚約指輪には半返しが一般的ではあるものの、それぞれの家や彼の考え方によっては、必ずしなければならないものでもありません。中には、結婚後の生活を見越して、婚約指輪のお返しは要らないという彼もいるかもしれません。かといって何かの形でお返ししたいと考えるなら、旅行や食事でお返しするなんてことはいかがでしょうか。自分も一緒に楽しめるという理由なら彼も同意するかもしれませんし、記念の思い出に残ること間違いなしです。

彼と相談するのが大切

彼の生活や好みに合わせて、婚約指輪のお返しにこれをと頭の中で考えていても、意外と彼の希望は違っていることもあります。婚約指輪のお返しとなると、高額になってしまいます。できるなら、彼の望みのものを贈り、お互いに婚約の喜びをかみしめたいものですね。いくつかお返しのアイデアを持ちながらも、2人で相談して決めるのがなによりです。