婚約指輪と結婚指輪の違いって?

婚約指輪と結婚指輪の違いって?なんとなくは知っていても、意外と明確な違いを知らない人が多いのではないでしょうか。 簡単にですがそれぞれの指輪の違いについて、またトレンドや相場などをお話していきましょう。

婚約指輪(エンゲージリング)とは

verlobungsringe_3er_gruppe

婚約指輪とは、一般的に男性が女性にプロポーズする際に渡すもので、エンゲージリングとも呼ばれています。
婚約指輪の箱を「パカッ」とするあのシーンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。正式に婚約指輪を贈ることで、彼女との結婚を真剣に考えているアピールができ、結婚に対する意識も高まります。また、彼女の両親にもきちんと挨拶できることや、結納で必要になるということも。何よりも贈った指輪を一生の宝物として大切にしてもらえれば、贈った方としても嬉しいのではないでしょうか。

婚約指輪はいつつける?

ring-1201253_1920

明確な決まりはないものの、プロポーズされた日から実際に結婚する日まで身に付けるものとなっていますが、結婚後も結婚式やパーティーなど。お子様ができたら入園式や卒園式と、特別な日に付けていくことが多いですが、
せっかくもらったのに「タンスの肥やし」になってしまうのはもったいないので、例えばご主人やお友達とのショッピングであったり、外食時など普段から様々なシーンで付けたいですね。

婚約指輪のデザインや価格は?

メイン 左から2、4、7 f11

婚約指輪の王道デザインは【ソリティア】という一粒ダイヤのリング。時代を問わず女性なら誰しもが憧れる正統派エンゲージ。そして、【サイドダイヤ】センターダイヤの両サイドに小さなダイヤを配したり、アーム全体にダイヤを施すなど、それぞれの個性を表現した自由なデザインが揃い、バリエーションは無限大。
「婚約指輪は給料の3ヶ月分」とも以前は言われていましたが、最近では20~35万円くらいが平均の価格となっています。

重ね着けも人気

婚約指輪は基本的には男性が女性にプレゼントするものですが、プロポーズのあとに2人で一緒に選ぶというカップルも多くなってきており、結婚指輪と重ねて着けたときにマッチするような組み合わせで選ぶのも近年人気です。

結婚指輪(マリッジリング)とは

FURRER JACOT

結婚指輪は、結婚したカップルが普段の生活で身に付けるもので、マリッジリングとも呼ばれます。永遠の愛を誓う契約のリングとして結婚式での指輪交換が印象的かもしれません。

結婚指輪の平均価格は?

結婚指輪は2つあわせて18~25万円が平均ですが、「婚約指輪を買わないかわりに結婚指輪にお金をかける」なんてカップルも多いようです。
素材やデザイン、つくりによって価格が変わってくるので、しっかり2人で相談して決めましょう。